トラックドライバーにはどんな仕事がある?その種類と特徴を解説!


大型トラックドライバー

トラックドライバーの仕事をしたいなと考えている方は、運転するトラックによって仕事内容が違ってくるのでその特徴を理解しておきましょう。トラックドライバーの仕事は大きく大型、中型、小型、宅配ドライバーの4つに分けられます。大型トラックドライバーは、11トン以上のトラックに乗って荷揚げの場所から荷下ろしの場所まで荷物を運ぶ仕事です。現地まで数日かけて向かうケースも多く、トラックの中で睡眠を取ることもあります。遠距離運転することが多いので、他府県のいろんなところに行けるのが魅力と言えるかもしれません。ちなみに、大型トラックに乗るためには、大型自動車免許がいります。

普通自動車免許でも仕事ができる

普通自動車免許でも仕事ができるのが、中型トラック、小型トラック、宅配ドライバーです。中型トラックは主に都市から都市までといった中距離間の運転をします。大型と比べると荷物の積み下ろしは自分でしなければいけない場合も多いですが、さまざまな求人があるのは中型トラックドライバーの魅力です。運ぶ荷物や勤務時間など多様な勤務形態があります。このため、自分に合った条件の良い求人を見つけやすいのは中型トラックのドライバーと言えるでしょう。

小型トラックは、大型トラックで運ばれた荷物を顧客のもとへと配達する仕事になります。運転する距離は、近距離やルートが決まっていることが大半です。荷物は軽量のものが多いので、体力に自信がないといった方は求人に申し込んでみるといいかもしれません。宅配ドライバーは、営業所で荷物を積み込んで個人宅や企業に荷物を届ける仕事です。ネットショッピングの普及につれて、宅配ドライバーの需要は高まっており求人も多いです。

トラックドライバーの求人は流通を支える大切な役割を担っています。ドライバーの働きやすい環境かどうか確認しつつ募集要項を考えましょう。