ニーズが高まる薬剤師の働き方をチェックしよう!


パート勤務ができる職場も多い

薬剤師のニーズは全国的に高まっており、各地の調剤薬局やドラッグストアなどでは、正社員だけでなくパートタイムの求人数も増えています。そのため、各地域の求人数によって違いはあるものの、結婚や育児のために一度職場を離れた人もスムーズに自分の経験や能力に合う職場を探すことができます。人手不足の調剤薬局や医療機関の中には、スタッフの定着率を高める目的で研修を充実させたり、パートの時給をアップしたりするところも多くあります。そのため、満足のいく待遇で薬剤師のパート勤務を始めるにあたって、年齢や性別によらず様々な立場のスタッフが活躍している職場の求人票やホームページなどを確認しておきましょう。

経験を生かして働けるシニア向け求人もおすすめ

薬剤師のシニア向け求人は、病院や調剤薬局、製薬会社などの実務経験者を対象としたものが多く、前職での経験を活かしたい人から人気があります。中でも、嘱託社員や契約社員として安定した待遇で働けるシニア向け求人は、定年退職後に定期的な収入を得たい人に選ばれる傾向が見られます。最近では、薬剤師の業務経験を基本給に反映している事業所の数も増えており、シニアであっても大幅な収入ダウンをせずに働くこともできます。なお、様々な現場での経験が豊富なシニアの薬剤師は、調剤薬局や病棟などで若手の教育を任されたり、他の薬剤師と同様の専門性が高い業務を担当したりすることもあり、収入ばかりでなくやりがいを求める人にとって大きな魅力があります。

薬剤師のシニア求人によって今の高齢者達が得るものがあります。それは自分達と同じ世代の人によって薬などをもらうことによって、自分達と同じ思いをしている人から受け取った薬だから安心できると言った感覚です。