資格保有者が不足!?歯科衛生士は国家資格です


歯科衛生士の数が不足している理由とは?

歯科衛生士は国家資格で、試験を受けるためには知識や技術を学ぶための教育機関を利用しなければなりません。学校を卒業することで試験資格が与えられ、国家試験の合格で晴れて歯科衛生士としての道が切り開かれます。歯科業界の中では歯科衛生士が不足している、歯医者さんの中には歯科医が歯科衛生士の役割を担うケースもゼロではありません。歯科衛生士の職業に就く人の大半は女性で、結婚や出産などを期に退職してしまうケースも少なくないわけです。仮に、結婚して仕事を続けていても、家庭や子育てとの両立が難しくなり、退職するケースもありますし、仕事自体がハードなどからも、他の職業を選ぶケースも出て来ます。

資格を活かして職場を選びましょう

歯科衛生士には資格と言う武器があります。歯医者さんには受付や専門医の手伝いを行う人も働いていますが、受付や手伝いなどを行っている人は医療事務の資格を持つ人で、歯科衛生士のように医療行為を行うことは出来ません。それ故に、給料面においても比較的優遇が行われるなどの魅力もあります。求人の数は歯科衛生士が不足しているなどからも多く、転職サイトの中でも看護師や医師などを専門に求人を取り扱っているサイトを利用することで自分に合った職場を見つけやすくなります。こうした転職サイトの場合には、人材紹介会社がエージェントとなり、スキルや希望に応じた職場を紹介して貰えます。現在資格をお持ちで職場を探している人はエージェント登録を行っておくと良いでしょう。

歯科衛生士として働くなら給与面、休暇、休憩など待遇が良い方がいいです。そこで歯科衛生士の募集を求人誌を見て探しましょう。