そんなにかかるんだ!医師の転職にかかる手間や時間


引継ぎに十分な時間が必要な医師の転職

転職は、医師に限らずほかの職種においても給与面や待遇、人間関係などの不満やスキルアップのためなどさまざまな理由で行われているものです。
医師の場合には、患者を抱えていることもありほかの医師への引継ぎに手間や時間がかかるため、ほかの職種とは異なり転職も一筋縄ではいかないのが特徴です。
医師の転職は、次の転職先のことを考えるのではなく、自分自身が退職したあとのことも考慮しなくてはなりません。
そのため、十分な時間が必要となり、退職する意思も退職希望月の半年から1年前くらいに伝え、業務の引き継ぎを行なうのが望ましいでしょう。

さまざまなスタイルがある医師の転職活動

医師が転職をする場合には、知人の紹介や人材紹介会社、自分自身での応募の3つの方法があります。
大学時代の同級生や同僚などの知人を通した紹介による転職が一般的に行なわれており、紹介された医療機関内の診療内容や症例数、雰囲気などの情報も入手できるため、転職後の失敗が少ないというのがメリットです。
特に自分の病院の医師による紹介であれば、信頼性も高いため、スピーディーに手続きが進められるのがポイントです。
人材紹介会社を利用する場合には、求人探しや医療機関との調整などを代行してくれ、転職の相談にも応じて貰えるので、転職活動を行なう手間が要らないのが魅力です。
自分自身での応募の場合には、医療機関が公開しているホームページなどで確認して直接コンタクトを取る方法で、自分で情報収集なども行なう手間はありますが、求人サイトなどに掲載していない医療機関を見つけることができます。

医師を非常勤で働かせる病院は多いですが、その分働いた手当てが高かったり、医者自身がスケジュールの都合で非常勤で病院を掛け持ちして仕事しやすい環境を作るためでもあります。