意外に知られていない、医師の再就職の実態


医師の求人はニーズがあるのか?

医師、といえば昨今医療ドラマでも取り上げられる通り生と死の狭間で戦う、社会的ステータスの伴った仕事であり将来も安泰、という印象が強いかと思います。ですので、改めて医師が再就職先を探すために求人情報サイトを利用しなくてはならない、ということはあまりイメージできませんし、医師の側にそのニーズがあるようにも思えません。しかし、引く手数多な医師の就職の現場では一方で、様々な経験を積むためであったり待遇のもっといいところへ移籍する医師は決して少なくはないのです。大学病院に所属していればツテによる斡旋を受けられることもありますが、小規模な市中病院などで勤務をしているとツテさえ確保できない場合があり、そういった理由から転属のため求人情報サイトに登録をするのです。

働き方の多様性が医師求人情報サイトにニーズを生む

近年注目される働き方改革は医師にとっても注目の話題です。情報技術の発達により、レントゲン写真のデータを一瞬でやり取りできるようになりました。一部の放射線科医には、そのレントゲン写真を自宅に送ってもらい、診断することで生計を立てている人がいます。家庭の事情などでそうなっている場合も少なくはないため、その事情が解決した場合はもう一度病院へ就職したい、という願望を持っている方もいます。また、産休や育休のつもりで一度退職した女医さんでも、家庭のことと仕事を両立できる環境を求めて医師求人情報サイトを利用します。社会的ステータスがあり、活躍が期待されているからこそ自分が可能な範囲を守って社会復帰しようとする志の高いお医者さんはたくさんいます。医師不足が加速する、と言われる未来、こういった情報をうまく利用していくことも医師に求められているのです。

医師の募集や医師の転職をサポートします。転職は医師にとっても人生の転機です.病院の採用担当は信頼あるエージェントに任せます。